FISHERIES

水産物

日本の食文化、
魚食を100年先まで
残したい

生産者の想いと共に食材を届け
消費者の喜びと笑顔を産地へ還す

魚は和食の貴重なタンパク源であり、日本の食文化の礎を築いてきた食材。ヤンマーは、魚文化の担い手である生産者の力になるため、産地から消費者へ届くまで、携わる全ての人の想いや笑顔を食材と共に繋ぎ、日本の漁業と日本の魚食文化の明るい未来の実現を目指しています。希少な魚の取り扱いの他、「未利用魚」の商品化や、漁業全体の持続化にも取組んでいます。

ひと口で「牡蠣のイメージ」を超える

くにさきOYSTER
(大分県産 出荷時期:12月~3月)

「くにさきOYSTER」は、欧米の生食文化で好まれる小ぶりサイズで殻の形もきれいなシングルシード方式で養殖しています。養殖期間を短くする事でシャキっとした食感とフレッシュな味わいが特徴で、生牡蠣本来の美味しさが味わえると評判です。丁寧に育てられた美しい殻から“黒い宝石”とも称され、ミシュランの星を持つレストランや一流料理人達から高い評価を得ています。

まるで、全身トロ!知る人ぞ知る、絶品な味わい。

媛スマ(愛媛県産 出荷時期:通年)

愛媛県愛南漁協で完全養殖で育て上げられたブランド魚。美しく艷やかなピンク色の身質は、きめ細かくなめらか。まるでトロのような、口どけの良い上質の脂質が特徴です。

栄養分と酸素が豊富な錦江湾で養殖されたカンパチ

かのやのかんぱち
(鹿児島県産 出荷時期:通年)

「かのやかんぱち」は鹿屋市の市の花である「薔薇」由来の成分を配合した飼料を与えることで魚の臭みが軽減されています。錦江湾の潮流に育まれた、引き締まった身質が特徴です。

1尾ずつ丁寧に釣り上げて美味しく仕上げる、
新ブランド「国東さわら」

国東さわら
(大分県産 出荷時期:10月~12月)

「国東さわら」は一般的な網漁ではなく、延縄漁。さわらに傷がつかないよう、1本ずつ釣り上げ、船上で活〆。筋肉がしっかりしているのでアミノ酸分解させてからの出荷をしています。上品な甘みの脂質とモチモチの身質が特徴です。

幻のかんぱち「アカバラ」

アカバラ
(鹿児島県産 出荷時期:11月~8月)

アカバラとは通常2~3年の養殖で出荷されるカンパチを4~5年かけて育てあげた大きなカンパチの呼称です。大きくても「引き締まった身質」「濃厚な脂のり」が特徴の幻のカンパチ=アカバラです。

鍋に!刺身に!冬の王様

クエ
(愛媛県産 出荷時期:12月~2月)

黒潮が流れ込む豊穣な海で育てられたクエの身から染み出るとろけるような極上の脂と、ゼラチン質の皮に包まれた透明感のある淡泊な白身の味わいが調和し、口の中に広がります。